怖い精肉店

検索すると「吸血殲鬼ヴェドゴニア」って作品が出てくるのですが、「なぜ幼女の相棒?コイツ、ゲイだぞ…」って部分と「むしろコイツをヴァンパイア役にするべきだろ」って部分から、犯罪者マニアの自分はすっげぇ萎えます。
クロックタワー3のジョン・ヘイグさんを見習え!
「硫酸風呂は殺した後」が「生きたまま」になっているけど、それくらいは許容できる範囲だ、ムキー!
(`ε´)

●平沼騏一郎総理「靖国神社の放火未遂…だって?…はいはい、A級戦犯のオレ達のせい、オレ達のせい。」
パブロ・ディエーゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピーン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソさん「スペインを苦痛と死の中に沈めた、ファシズムの方がムカツクわい!」
(#-ω-)(-ω-#)

家出少年、狩り放題☆
焼き肉だって、食べ放題☆
それが我らの「屋台のお肉ができるまで」!
フリッツ・ハールマンさんだ!
(☆⊿☆)

彼は、機関士である父と、病気がちな母の第六子として生まれましたのであります。
しかぁし、母は彼を産んでからは死ぬまで寝たきりで、夫婦仲は悪く、何かにつけて喧嘩な日々を送ったのであります。
さらに、幼年時代は兄から長期間にわたる性的虐待を受けたと考えられているのであります。

おまけに、相棒のハンス・グランスさん(当時まだ16歳!)と組んだら、ますます止まらないのであります!
●駅で美形の家出少年を探す。
●「ウホッ、良い男」
●アパートで思う存分、「楽しむ」。
●「楽しんで」いる最中に、素早く喉笛を喰いちぎって息の根を止める。
●肉と遺留品に分別する。
●新鮮な肉や綺麗な遺留品は屋台で売っぱらう。

こんな大胆な犯行であるにも関わらず、彼らは肉の密売人ということで、バケツいっぱいの血を捨てていても怪しまれずに済んでいたという…。
ちなみに、ギロチンによる斬首刑に処された後、ハールマンさんの頭部は脳の構造を調べるために、科学者により保存され、現在はゲッティンゲンの医科大学に保管されています。
また、脳から切り取られた4つの断片がミュンヘンに保存されているとか。

…え?あ、やだなぁ、皆さん。
自分は目黒の寄生虫館で十分ですよぉ。
てか、人体関連の博物館とかイベントとかも、何度も行ったことあるし。
(`・ω・´)

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ
スポンサーサイト

狂気スマイル王

画像検索すると、「素敵笑顔のドアップ写真」ばっかり出てきます。←

●田中久重さん&伊藤博文さん&オスカー・ワイルドさん「・・・・・」
(-.-)(-.-)(-.-)

ソビエト連邦社会主義共和国内で52人の女子供を殺害!
ウクライナ生まれの「赤い切り裂き魔」!
それが我らの「タタヌなら、殺人やろう、ホトトギス」!
アンドレイ・ロマノヴィチ・チカチーロさんだっ!
(☆⊿☆)←

彼が生きていた時期は、スターリンがウクライナ農民から穫物を強制的に収奪した時代でした。
ウクライナの至るところで次々と餓死者が出るわ、カニバリズムが起こるわ…の大惨事!

そんな彼の初殺人は、九歳のロリ!
しかも、息絶えた相手の体を突き刺したり切り裂くことによって、性的興奮を得ることができたという超変態!
公判の最中には、ズボンを脱いで「男のアレ」を露出させたり、ポルノ写真を高々と掲げたり、ソ連当時の国歌を歌ったり、ウクライナ語の通訳を要求したり…とやりたい放題。
そのため、遺族に殺されかねない勢いなので、彼のまわりには檻が張られたとか…。
「怖いもの知らず」ってレベルじゃないぞ…この人。

ちなみに、彼を捕まえる前の民警は、「精神疾患を患った性犯罪者」として知られている方々を集めていました。
殺人を自白した若い男は多数いたのですが、彼らの多くは精神的に障害を負った若者でした。
さらに、過酷な尋問などもあり、やってもいない犯行を認め、その一人である未成年の同性愛者は、拘留中の独房内で自殺していたりします。

…こういう「警察あるある」は、いつの時代でもどこの国でも、必ず存在するんですよね。
本当に怖いのは、「異常な思考の犯罪者」ではなく「自分の都合の良いように話を作り、他人を悪者にしたてる者」なんじゃないですかねぇ。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

バカ親沈黙しろ

「子供の人生は親次第」
それがよぉくわかる典型例が彼だと思う。

●リンドン・ジョンソンさん「ひょっとして、オレが選ばれたのはアメリカ繋がりだから?勘弁してよぉ。」
。゜(゜´Д`゜)゜。

牛乳パックはトイレットペーパーに大変身♪
人間の死体は家具やチョッキに大変身☆
それが我らの「サイコ野郎」、エドワード・セオドア・ゲイン(エド・ゲイン)さんだぁ~!
(☆⊿☆)

彼は「サイコ」「羊たちの沈黙」のモデルになった男!
墓を荒らして死体を盗み出し、骨で食器を作ったり、肉片で服を作って着てみたり。
ついでにカニバリズムもやっちゃった、ヒャッフゥ~☆

しかし、「彼の母親」も頭オカシイ部門では引けをとらない!
熱狂的なプロテスタント信者…の割には、子供達に教えることは嘘ばかり!
「男性のアレ=悪の象徴」とし、息子達に「自分のに唾を吐け」とか命令する始末!
友達を作ることすら許されない、まさに「自分の価値観を強制的に押し付けるエゴ親」!
しかし、彼の兄貴はまともな方に育ったのに、彼自身はマザコン以上に母親を崇拝しちゃっている…。


…彼を擁護する気はないけどさ、悪人関連の本とかサイト見て思うんだけどさ…。
けっきょく、一人の人間の人生って、その人を育てる親によって大半は決まっちゃうんですよね。
同じ国・地域に住んでいても、全く同じ子供が育つ訳ではないじゃないですか。
…ということは、人間の成長には「人的干渉」が一番大きいってことでしょ?
そして、その干渉が一番多くなるのが、一緒に暮らす人間。

子供の前で平気で喧嘩するバカ親。
自分の子供を道具のように扱うバカ親。
世間と矛盾するような自分勝手なことばかりを教えるバカ親。
自分の血肉を分け与えた子供に関わろうとさえしないバカ親…。

自分の子供を本当に大切に育てようと頑張っている親達が、どうしようもないバカ親のせいで注目されないのが心苦しくてたまらないですね。
まあ、正直「悩みのない幸せな仲むつまじい家族」なんて、この世に一握りもいないんでしょうけど。

…ああ…やっぱり駄目だ、自分。
「極度のだらしない大人」の話題になると、どうしても見解が厳しくなってしまう。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドラム缶「激おこプンプン丸」

「クロックタワー」を知っている方は、多分ご存じかもしれません。

●シモン・ボリバルさん「オ…オレの誕生日は大丈夫だと思っていたのに…」
(;¬_¬)

犯罪者になりたくないなら、死体を消しちゃえばいいじゃない☆
死体を消したいのなら、硫酸入りドラム缶風呂にブチ込んじゃえばいいじゃない☆
それが我らのH2SO4男!ジョン・ジョージ・ヘイグさんだぁ~!
(☆⊿☆)

いやぁ…かなり久し振りにやってまいりましたね。
管理人はちゃんとコッチのネタ収集もしていますのよ、ホホホ☆←

…でもね、皆さん。
犯罪を行うのはめっちゃ簡単ですが、死体や証拠を消すことはかなぁ~り大変ですよ。
完全犯罪を成立させるには、並大抵の頭脳と準備じゃ無理です。

しかし…「ドラム缶」って「犯罪七つ道具の一つ」ってイメージありますよね。
コンクリート詰めにするときもドラム缶。
海に沈めるときもドラム缶。
その他いろんなときにドラム缶ドラム缶ドラム缶…。

…工場で生まれた頃は「将来は石油に満たされたい☆」「海外旅行に行きたい♪」とか願っていたであろう、ドラム缶達。
しかし、あるものは悪い人間どもにいきなり拉致られる。
そして無抵抗のまま、中身を全て空にされる。
そんな彼らは、サビまみれの醜い姿のまま野ざらしにされる。
必要としてくれる人間が現れたと思ったら「不気味なもの」を無理矢理入れられて、海や土の中にポイされる…。
(※擬人化すると98%くらいの確率でR指定くらいそうだから、絶対にやらないようにしてください)

…全く!犯罪を行う人間どもは、ドラム缶を何だと思っているんだ!
彼らはそういう扱いを受けるために生まれてきたんじゃないんだぞ!
奴らにはドラム缶の悲鳴が聞こえないのか!?
ドラム缶を馬鹿にする奴は、寸胴体型になってしまえっ!キシャー!
(#`皿´)

…え?「最後の呪いが意味不明」?
いやだって「人を呪わば穴二つ」と言うじゃないですかぁ。
だから「寸胴体型になる」くらいのレベルで勘弁してやらないと、自分も呪いでヤバくなるじゃない?
だから、これでいいんですよ。
ビ、ビビってる訳じゃないですよぉお?
(;-.-)

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

ザクロ~は●の味~♪


「ザクロ(石榴、柘榴、若榴)=血または人肉味」って都市伝説がありますが、実際はアセロラの味に近いんですねぇ。

●ルートヴィヒ・ティークさん「オレ、話題と全っっ然関係ないんですけど…。」
(;¬_¬)

ザクロの花言葉は「円熟した優美、優雅な美しさ」だそうですね。
種子が多いことから豊穣や子宝に恵まれる吉木とされる国や地域が多いそうです。

婚姻と財富の女神・ジュノーの好物だとか、ペルセポネーが口にしたことで冥界で過すこととなったとか、太陽神・ラーが7,000 の水差しにザクロの果汁で魔法の薬を作ったとか…いろいろ逸話がありますな。

そういった中では、やはり一番有名なのは鬼子母神ですかね?
500人の子(または1000~1万人)の母であるのに他人の子を捕えて食べてしまうため、釈迦が彼女の子を隠して「子を失う母親の苦しみ」を悟らせて仏教に帰依させた…という女夜叉さん。
「多産」や「繁栄」を象徴するために、三昧耶形がザクロの実とか。
…つまり、人間の子を食べるのを止めさせるために、人肉の味がするとされるザクロを釈迦が勧めたから、って言うのは後付け設定ってことですな、HAHAHA。

あぁ~、良かった~☆
危うくジェフリー・ダーマー君やアルバート・フィッシュ爺さんの仲間入りを果たすところでした~♪
他にも、エド・ゲインさん、フリッツ・ハールマンさん、アンドレイ・チカチーロさん、佐川一政さん、ニコライ・デュマガリエフさん、ゲオルク・カール・グロスマンさん…。
ジンガ女王様は「大げさな誇張と作り話」が一部含まれているし、スウィーニー・トッドさんはフィクションだし、ソニー・ビーンさんは存在が本当かどうかよくわからないしな…うむぅ。
あっ!あと、ヴィクトリア女王様が特赦出した「ミニョネット号事件」なんかもありましたねぇ。

…え?「まさか、コレ書きたいがためにコレ買った」?
い、いぃいやいやいやそそっそそんなまっさかぁ~!
(*゜д゜*)←

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

血ぃ吸うたるわ←

「予告通り」の彼登場☆←

●チェンバースさん「いや…私はホラー小説家であって、犯罪者どうこうというのは…」
(;¬_¬)

父親は母親に強…!さらに実娘と…!
そんな悪質な家庭環境で育った殺人鬼!
それが我らのデュッセルドルフの吸血鬼、ペーター・キュルテンさんだ!
(☆⊿☆)

初殺人は9歳時、泳いでいる2人の友達を溺死させる(と話している)。
窃盗・放火は当たり前~、動物虐待も当たり前~、当たり前体操~♪チャンチャン~♪

…というKYなボケをかましたくなるのは、彼の殺人は基本「女性にアッチの暴行→殺害」ばっかりなので、グロ耐性とエロ耐性が必要なんですよ。
しかも被害者が「5歳8歳の幼女含む」という外道っぷり。
奇跡的に生きて助かった女性曰く「アンタと寝るぐらいなら、死んだ方がマシ」ってくらいに、荒くて乱暴なようで…HAHAHA。

1932年7月2日のギロチン処刑のときの最後の言葉は、「私に残された最後の望みは、自分の首が切り落とされ、血飛沫を噴き出す音をこの耳で聴くことです」。
ちなみに、彼を題材にした短編を手塚治虫さんが描いているそうですが、「ジェフリーさんの件」同様、見つかっておらず…しくしく。

とりあえず、男性諸君に言っておく。
女性には「優しく」…ね!?

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト※よかったらポチリと。人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 学問・文化・芸術

マッドボンバー


(文明発展が)怖すぎて怖すぎて怖すぎて、辛いよ~おぉ~♪
by狂爆←

●ワーグナーさん「さまよえるオランダ人…というより、迷走しまくった日本人のブログ…だな。」
(;¬_¬)

小5でIQ167&16歳のときに飛び級!
ハーバード大学に入ったマッドサイエンティスト!
それが我らのユナボマー、セオドア・ジョン・カジンスキーさんだ!
(☆⊿☆)

1978年5月にノースウェスタン大学の材料工学科教授に小包爆弾を送りつけたことから始まり、爆破事件を繰り返していった。

犯行声明文「産業社会とその未来」では、「現代文明の発展は人間性や生態系を破壊する」「産業革命は絶対悪」「文明社会を発展させるために追求した技術の進化によって、それを創造した人類もが支配されてしまう」と主張し、自然への回帰を促していた。
しかし、犯行声明文が「自分の兄に似ている」と感じた実弟により通報、卒業論文の論調と犯行声明文が酷似していることから逮捕~。

裁判では「妄想型統合失調症」と診断されたみたいですが、審理が進まないことから、詳しい犯行動機は不明のまま終身刑。
「頭が良い」だけでは世の中幸せに生きていけないのですね…ハァ…。

余談ですが、彼には「文通友達」のメキシコ人がいたそうな。
理系分野に長けているのに、コミュニケーションはアナログなのね。
…いや、相手がパソコンや携帯電話を持ってなかったのかな?

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 学問・文化・芸術

ジェフリー玉


暇ならば、「バー」に行こうか、ホトトギス。
拒否嫌なら、殺してヤろう、ホトトギス。
薬品で、ロボトミー作戦、ホトトギス…。
(※ホトトギスに罪と意味と関係は全くありません)

●板垣退助さん「ブ…ブログで自己を表現することは自由…だけど…」
(;¬_¬)

見た目はイケメン!中身は「┌(┌^o^)┐」!
幼少期の趣味は動物を酸で溶かし、骨オブジェにすること!
それが我らのミルウォーキーの食人鬼、ジェフリー・ダーマーさんだ!
(☆⊿☆)


部屋の中は凄い異臭と、「バラバラ人間」のポラロイド写真!
冷蔵庫には「肉」!ガラス瓶にも「肉」!肉、肉、肉ぅ~!

個人的に、彼の父・ライオネルさんが書いた「息子ジェフリー・ダーマーとの日々」が昔っから欲しいと思っているのだが、古本屋で全く見つからないという…しくしく。
彼の映画や人形もあるらしいのですが…うん、わかっていますよ。
日本じゃ買えません…いやいや、買いませんよ。

とりあえず、グロ耐性ない人にもハッキリ言えることは、「子を持つ親になるということは簡単じゃない」ってことですかね。
この地球には、どれだけの「子供を不幸にする大人」がウジャウジャはびこっているのやら。

薬物に手を出す、ダメ絶対!
アルコールに溺れる、ダメ絶対!
研究関連以外の亡骸遊び、ダメ絶対っ!

※携帯・スマホ版から見ている人へ・イラスト置き場pixiv・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 学問・文化・芸術

ぽっさん&魚さん←


個人的に、過去に書いた短編小説「ギャグ独裁日和」は変に力入れすぎたと思ってる。
詳しくは「http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=122037」

●ポル・ポトさん「どう考えても、今日が誕生日の人を悲しませるコーナーだろ…コレ。」
(;¬_¬)

見た目は紳士、頭はマッド&クレイジー!
あるときは「満月の狂人」、またあるときは「グレイマン」、さらには「ブルックリンの吸血鬼」!
それが我らのドン引き爺さんのキング・オブ・トップ、アルバート・ハミルトン・フィッシュさんだ!
(☆⊿☆)

幼少期に過ごしていた孤児院で虐待まがいなことをされ、不幸な生活をしていました。
また、家系に精神疾患を持つ者が多かった。
ああ、可哀想シクシクシク…と同情しそうな文章を書きましたが、そういった方々が全員犯罪者になっている訳ではないので容赦しません。

身体に針をぶっ刺す!
子供に向かって「鞭で打ってくれ」とせがむ!
その他もろもろ以下省略!

娘を殺されたバッド夫人や弁護士に宛てた手紙の内容なんて、グロ耐性がない人には読ませられない代物!
「お嬢さんは処女のまま死にました」「坊ちゃんのアレはナッツみたいでした」…いやいや、そういう問題じゃない。
肉だけでなく、血液や排泄物も食べました…いやいや、そういう問題じゃない!

電気椅子処刑が決まったときは、「わくわくしますよ」「試したことがありませんから」と楽しみだす!
そして、笑いながら昇天チーン!

…人間って、どうすればこんなに壊れられるんでしょうね…ふぅ。
ちなみに、彼曰く「爪と指の間に針を入れるのだけは耐えられなかった」ようです。
そっかぁ、拷問の指関係責めは、理にかなっていたんですね。

…え?「文章や納得ポイントがオカシイ」?
いやいや、皆さん。
世の中にはもっと過酷で残酷な拷問や事件が(強制終了)

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 学問・文化・芸術

かまってちゃんちゃん


5月は管理人の得意分野「悪人雑学暴走」強化月間♪
さあ、張り切っていってみよぉ~☆
b(☆⊿☆)←

●ミュンヒハウゼン男爵さん「あの…イラストが私と全く関係ないのですが…?」
σ(^◇^;)
※豊臣秀吉さんの隣にいるのは「侵略して唐辛子ばらまき隊」のリーダー・コロンブスさんです。

「How Toミュンヒハウゼン症候群」
虚偽の病気に罹患している対象が患者自身のパターン。
自傷行為や病気を創作したり、今かかっている病気を重症であるように誇張して、通院や入院を繰り返す。

「How To代理ミュンヒハウゼン症候群」
近親者(母親から子、配偶者間など)を病気に仕立て上げパターン。
毒を盛ったり、わざと相手を傷つけたり、点滴に菌などを入れて「懸命に看護・子育てする自分」を演じ、周囲の同情を得ることで満足感を得る。
これは他人に傷害行為を行うため、虐待や事件性が高くなる。

「代理」に関しては、1998年の福岡県の事件、母親によって「難病」にされ続けてきたジュリー・グレゴリーさん、創作では「着信アリ」などが有名ですね。
ミュンヒ・代理双方の例としては、子供患者の心停止の事件を起こした、看護師のビヴァリー・アリットさんですかね。
もっと詳しく知りたい方は、ネットや書籍で調べれば、「疑い」も含めていろいろな事件が出てきますよ☆

…え!?「私はアンタみたいな悪趣味人間じゃない」?
いえいえ、この精神疾患は「かまってちゃん」というレベルでは済まない内容ですよ?
周囲の目と迅速な対応。
それが事件になる前に発見する方法ですから。

…あなたの周囲にいる「かまってちゃん」。
本当にタダの無害な「かまってちゃん」ですか…?
(゜⊿゜)←

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

訪問者
管理人
最近の暴走
コメント
感想・追加雑学、いろいろありがとうございます!
トラックバック
過去の暴走
ジャンル別
ランキング
よかったらポチリと。  人気ブログランキングへ
記事検索
異次元な記事へワープ
リンク
当ブログはリンク自由です。
ブロとも申請
歴史ブログじゃなくてもOK

この人とブロともになる

RSSリンク
QRコード
QRコード