FC2ブログ

6人の英雄

聖徳織田西郷乃木昭和安倍
これは、黒田裕樹さまの第71回「昭和・平成の総決算 歴史講演家・黒田裕樹が描いた夢~日本史と歩む過去・現在・未来~」3月24日(東京講演)の感想文です。

●松阪広政さん「実は私、佐藤栄作首相の弁護士を務めていたことがあるんですよ。…ね?安倍総理。」
(^。^)

(大阪講演がまだなので、ザックリとした感想です。)
●今回から東京講演は、飯田橋から「株式会社スペック」の関連施設へ移動となりました。
…「1つ目のファミリーマート」と「2つ目のファミリーマート」をミスって、入るビルを間違えかけたのは我です。←
また、黒田先生の歴史講座、5月から夜間講習になるそうです。詳しくは黒田先生のブログ等でアナウンスがあります。

●聖徳太子さんの「相手国の情勢を正しく把握し、ここぞというときに外交を行う手法」は本当に素晴らしいと思う。
だからこそ、一時期あった「聖徳太子を教科書から排除計画」は許せないし、実現させてはいけない。

●古事記は日本人向け、日本書紀は外国人(当時だとチャイナ)向けって知ってた?

●織田信長さんは「殺戮大好きなうつけ武将」ではなく「戦も経済も人材を的確に扱う能力も完璧な男」なのである。
…直接関係ない話だけど、当時の明智光秀さんの地位や行動力、家臣としての重要性等を考えるとさ、「明智光秀は織田暗殺の罪をなすりつけられたスケープゴート説」が正しい気がするんだよねぇ。

●西郷隆盛さんは「征韓論」や「大久保利通達と対立した」って部分で、人物像のイメージを損してる気がする。
彼には彼の正義や考えがあって、彼の存在も「今の日本」を築くうえでは必要不可欠な出来事が多い。

●乃木希典さんの「真面目と優しさ」も、「今の日本」を築くうえでは必要不可欠な要素には間違いない。
明治天皇陛下との繋がりが深かったからこそ、数々の苦難と戦ってこれたんだと思う。

●昭和天皇陛下が立派なお方だったからこそ、「今の日本」が外国の植民地と化すことなく、今までの長年の固有文化を守ってこれたことを強く感じる。
アメリカが原爆に続く強硬な手段を乱用しなかったのも、当時の国民や軍隊が極端な暴動を起こさなかったのも、「昭和天皇の力」が凄かったから…の一言に尽きる。

●安倍晋三総理大臣のやり方や行動が「全て正しい」とは流石に思っていない。
しかし、けして乱暴にならず、じわじわと攻める詰将棋のような外交は、間違いなく「今の暗い日本」を「戦前の頃のような、明るい自信に満ちた日本」に舞い戻るキッカケにはなっている。
少なくとも「他人の悪い部分を指摘するだけしか能のなくて、政権を握るも何の成果も実現できなかった政治家」が実権を握っていた時代よりは、間違いなく良くなってきている。
これからも、無慈悲な妨害に負けずに頑張って欲しい。

●自分もつねづね思っているけど「頭が良い」と「仕事ができる」と「学歴が高い」は全然意味違うよね。
どんなに学歴の高い大学を出たって、国家試験に受かって資格を持たなければ高度な技術の職業には就けないし、「その企業が望む能力や答え」を得られなければ「勉強ができるだけの一社員」にしかならない。
どんなに「素晴らしい理想論」を述べたって、社会人生活を体験して「世の中の現実」を学ばなければ、「皆が賛同できる理想論」を考えることはできない。

私もいろんな勉強と体験を、これからもしていかねば。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング
スポンサーサイト



久々の歴史交流

飯田橋
紫色の毒々しい魚の画像がありますが、これは間違いなく、第70回黒田裕樹様の歴史講座「戦後史検討その5~安倍長期政権in飯田橋」の内容です。
…あ、ポケモンGOヒンバスデイでは、色違いオス1体だけ確保しました☆

●ヘンリー・コンラッド・ジョアンズ・ヒュースケンさん「ジャパニーズの混浴、ワンダフル!」
(@皿@)
安倍総理&トランプ大統領
前回は「自動車事故を起こして、新しい車を買う手続きやら何やらでバタバタしたために講演へ行けなかった」ので、今回は久しぶりの講演参加です。
今回の話は、現代史の凄いタイムリーな内容でしたね。

●通州事件、学校の教科書に載るようになったの!?おめでとうございます!

●南京大虐殺、内容削除されるようになったの!?おめでとうございます!

●安倍総理の「戦後70年における談話」と「詰め将棋外交」、スゲー伝説。

●日本が「良い国」になるということは「外国人が移住したいと思う国」になるということ。そして、それは良い事でもあるし、危険を伴う事でもある。だからこそ、「日本」を守るための法律やルールをしっかり考えねばならないのだ。

●「入管法等改正案」
正直な話をすると、私、前から疑問だったのよね。
一部の在日外国人を優遇することが大好きなはずの野党の人々が「移民を無差別に受け入れる悪法だ!」って言って、「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」を非難する光景が。
まあ、私は薄々わかっていたけどね。
「この法律によって、自分達にとって都合の良い『反日工作をするための外国人』を安易に連れてこられなくなる」から、不自然な抗議をしてる…ってことを。
そもそも、「外国人労働者の労働環境が悪い」のは「その人達を雇用している雇用主・企業が悪い」のに、なぜかそれを「移民を無差別に受け入れようとしている安倍が悪い」とか言ってる時点で、怪しさ爆発だったし!

日本人労働者も外国人労働者も、どちらも大切に守らなくてはいけない存在。
そのためには、しっかりとした労働環境と法律を整える必要がある。
それをするのが、今回の「入管法等改正案」なのです。
どこの国の人間かもわからないヤツをポンポン入れる訳じゃないのです。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング

バブルは日本の最強時期だった!?

小渕恵三
この回は間違いなく、9/16(日)黒田裕樹先生の「戦後史検討その3~昭和から平成へ(東京講演)」の簡単感想文です。

●袁世凱さん「どうも、ストロング・マンです。」
(^皿^)

平成生まれの私は「バブル景気の時代」がどういう時代だったのか、全く知りません。
ぶっちゃけ「就活をろくにしなくても簡単に内定が採れる」「夜遅くまでバーで遊んでいる人ばかりな時代」という、下品な負のイメージが強かったです。
(企業の人と海外旅行へ行ったり、うな重食べたりした…みたいな就活エピソードを聞いたことがあるので)

しかし、今回の講演を聞き、「バブルの時代は、日本の国内総生産(GDP)が世界2位の時代」ってことを知ると、ちょっと見方が変わりました。
世界2位の力を持っているのなら、国民がそれだけ自由に遊べたのも頷けます。
…今の日本は不況続きです。
それどころか、「低賃金で無償の残業を強要され、満足に休みを取ることも許されないブラック企業」の話ばかり。
「本当にバブルなんて時代あったの?」って疑いたくなるレベルの労働環境です。

話は変わりますが、最近「バブル時代のコスプレ」とか「バブリーダンス」とかが流行ってますよね。
コレを機に、バブル時代の日本を思い出し、あの頃の「強い日本」に戻るための努力や行動をしてみませんか?

とりあえず、今回の講演を聞いて思ったことは、何で宮澤喜一と加藤紘一は「総理大臣や外交官を訪中」ではなく「天皇陛下を訪中」なんて意味不明な提案を嬉々として受け入れたのかってことですな。
チャイナへの「朝貢」が何を意味するか知らないヤツが総理大臣になるなよ。
中国・韓国が日本に対して異常なくらい偉そうな態度をとるようになったの、ほぼオマエらのせいだからな。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

後悔先に立たず

ルギア
なぜかピンクの色違いルギアが写ってますが、この回は間違いなく、7/15(日)黒田裕樹先生の「戦後史検討その2~日本の独立回復(東京講演)」の簡単感想文です。

●永野 重雄さん「どうも、戦後の財界のドンです。」
(-∀-)
自衛隊
未だに続いている西日本の水害・土砂災害の被災地へコンビニ食材を運ぶために、自衛隊の災害支援車が使用されている。
…そのことに対して「軍事利用だ」って批判している人って、東日本大震災のときの「支援物資はあるのに被災地まで運べない」というグダグダ対応を忘れたのかな?
当時のあの被災地支援の酷さを知っている人は、今回の迅速な対応は「素晴らしい」以外の感想が出ないんだけど。
あと、「寄付を呼び掛けている人は、偽善だ・人気集めのためのパフォーマンスだ」みたいなこと言うヤツも意味不明過ぎる。
例え、偽善やパフォーマンスだったとしても「誰かの助けになるための行動を実際にしている」時点で、「何の行動もしないくせに文句や政治批判ばかり言う」人よりはマシだと思うんだけどねぇ。

●新日本建設ニ関スル詔書「『天皇は普通の人間です』なんて文章1つもないのに、何で『人間宣言』なんて紹介文出てきたの?」

●昭和天皇「民主主義を採用したのは明治天皇であり、アメリカによる押し付けじゃないぞ。」

●アメリカ「アジア諸国がこんなに共産主義だらけになるなんて…。こんなことになるなら、日本の弱体化なんかしなけりゃ良かった。」

●教育二法「おい、公立学校の教員!教員の政治活動や偏向政治教育は禁止なんだよ!」

●ビキニ環礁・水爆実験「え!?第五福竜丸の被爆事件には、肝炎ウイルス感染説があるんですか!?」

☆突然始まる英単語勉強コーナー☆
League of Nations(国際連盟)
United Nations(連合国/国際連合)
judgment(裁判)
judgments(諸判決)


judgment(裁判)
judgments(諸判決)

おや?サンフランシスコ講和条約のようすが?

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

人類、皆『きょうだい』

マッカーサー
マッカーサー元帥のせいで、日本の未来がマッサァーカァーサーマーになっちゃ(以下略)
※この回は間違いなく、5/20(日)黒田裕樹先生の「戦後史検討その1~占領政策の本質(東京講演)」の簡単感想文です。

●コートニー・ホイットニーさん「日本には、米のように州制度がないから上院は必要ないし、一院制の方がシンプルでいいだろwww」
(▼∀▼)ニヤリッ
※まさかよりにもよってこの人の誕生日の日だとは思わなんだ。
教育勅語教育勅語2
亡くなった祖父母の家で遺品整理をした時に見つけ、「捨てられちゃうなら…」と思って拝借した、教育勅語が書かれた湯飲み。
いったい、いつ、どこで買った湯飲みなんだろ…。

・だからぁ、「A級戦犯」「B級戦犯」とかってのは「国家指導者」「戦場指揮官」「兵隊」等の役職・立場の違いであって、「罪の重さ」じゃないってゆうてるでしょうがぁ。
てか、1953年8月3日に衆議院で可決された「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」にて、戦犯はもう存在してませんから!


・大東亜という言葉には、当時のアジア情勢が表されている。

・GHQ「こういう風にやれ」
国民「ええっ…」
GHQ「これ、天皇からの命令だぞ」
国民「陛下の命令!?やらなきゃ…(使命感)」
GHQ「www」

・GHQ「新聞には『真実』しか書かれていない…といつから錯覚していた?報道の自由とかwww表現の自由とかwwwそんなの実際は無いからwww」

・「自衛のための防衛力を保持すること」を理由に、自衛隊を作る流れを作った人?芦田均だよ☆(裏声)

・神武天皇陛下「八紘一宇…。世界は一家、人類はみな兄弟なのだ。」

なんでだろ~なんでだろ~♪
アメリカに支配されていたのに、戦後の日本がジワジワと社会主義・共産主義寄りになっていってるの、なんでだろ~♪
…日本の伝統思想の破壊や洗脳工作をしたり、復讐心と権力誇示によるテキトーなやり方をしたり、GHQのメンバーが無能揃いだったり…。
やっぱり、当時の日本もアメリカも、共産主義のスパイやら活動家やらに散々踊らされて「今」に至っている気がする…。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

弱腰で世は怖し…

靖国
え?「目の前に現れた敵を、武力を使って倒すのは野蛮だから、話し合いで解決するようにする」?
はい!ダメヒューマン!
では、問題です。
ゲームやアニメ等に出てくる正義のヒーローは、悪の大魔王に出会ったとき、話し合いをするために酒やご馳走を装備していきますか?
…しない。強力な武器を持って、命をかけた戦いをしに行くの。
※この回は間違いなく、3/18(日)黒田裕樹先生の「日本外交史・その六」の簡単感想文です。

●柿本 権一郎さん「政治家も軍隊も、信頼が第一だぞ。」
(´・ω・`)
レーニン
ウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフ(レーニン)「誰も本名で覚えてくれない。」
(´・ω・`)
レーニン「でもソ連の力が強まったからOKです☆」
(▼⊿▼)b

●アメリカ「ソ連を軍縮会議とかに参加させなかったせいで、あっという間に強力で凶悪な国になっちまった。アジアの各国が真っ赤っ赤デース。」

●ピョートル一世「ロシアの皇帝ってことでよく勘違いされるけど、ロマノフ朝等の王族がいた時代のロシアと、共産主義になったソ連時代のロシアは別物だピョよ。」

幣原喜重郎
幣原喜重郎「人間は話し合えば分かり合える!だから武力行使なんていらない!」
日本が世界各国からなめられ、相手にされなくなった理由「だいたいコイツのせい。」
関東軍「たくさんの日本人が一方的に虐殺されているのに『話し合いで解決』とか、バカ?もういい。上の命令なんか無視して、自分達のやりたいようにやらせてもらうわ。」

日vs米
アメリカ「イギリスが助けを求めているのに、日本があんまり協力的じゃない。だから、私が行ってやったら、スッゲェ感謝された。ザマァ、ジャァァァァァッップwww」
日本「日英同盟を破棄されたンゴ。アメリカや中国の反日活動が強まったンゴ。世界各国からの信頼度が下がったンゴ…。」
イギリス「日英同盟を破棄したら、大東亜戦争が始まったンゴ。戦艦を轟沈されたり、植民地にしていたアジアの国々が次々独立してるンゴ…。」
インド&シンガポール「「イギリス、ザマァァァァァッっすwww」」

●?「日本は己の野心で、アジア各国を植民地にした!ムリヤリ統治した!」
パラオ共和国「何言ってんだコイツ。むしろ、白人に支配されていた時の方が酷いのに。」

●?「満洲国は日本の傀儡国家!満洲国民を奴隷のようにしていた!溥儀にムリヤリ皇帝役をやらせた!」
溥儀「満洲は元々、我々の土地なんですが?民族自決って言葉、知ってる?」
フランスの保護国で外交権を委ねていたモナコ公国「え?他国に国家運営を手伝ってもらう国は傀儡国家?ちょっと何言ってるのか、わかりませんね。」

●南京事件「あの、ぼくは『1927年にチャイナの革命軍が、外国領事館や遺留民を襲撃した事件』のことであって、『中国人が大虐殺されたってことにされている事件』ではないですよ。」

●ヒトラー「アメリカやイギリスが、自分達のことしか考えていないブロック経済なんかするから、貿易で経済活動ができなくなったドイツのリーダーに私みたいなヤツが選ばれるんだよ。」
ムッソリーニ「ファシズムの原因を作ったのって、世界恐慌の対策を世界で協力して行おうとしなかったことが大きいよな。」

リーマンショックや東日本大震災があった時期に高校~大学生だった私が思うことなんだけど、「100件以上の会社にエントリーシートを提出し、面接や試験を受けまくっていたのに、3月の卒業式後も就活を続けている学生が多かったあの頃」より、「ブラック企業に就職しないために、労働基準や福利厚生がしっかりしているかどうか調べる余裕がある就活」ができる『今』の方が、経済不安定である理由を知りたい。
なぜ、「就活難対策も子供手当問題も災害の復旧活動も全て中途半端のまま、全てを次期政権に丸投げした某政権時代」より「アベノミクスが失敗して日本を苦しめていることになっている安倍政権時代」の方が日本の危機的状況と言えるのか、いまいち理解できないんだよね。

まあ、「会社の上司と鰻を食べたり海外旅行に着いていくだけで内定がもらえた、バブル時代を経験した社会人」には、「産まれたときから不景気&地獄の就活を経験した20~30代前半の社会人」の気持ちや考えはわからないだろうけどね。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

世界を知って自国を知る

一日遅くなりましたが、1/20(土)黒田裕樹先生の「日本外交史・その五」の簡単感想文、は~じま~るよぉ~。

●エゴン・フリーデルさん「ドイツとオーストリアを隔てる唯一の壁は…共通の言語である。」
(´・ω・`)

明治天皇乃木希典
陸奥宗光&小村寿太郎児島惟謙
今回の外交史では、上の5人が登場します。
余談ですが、この陸奥宗光さんと小村寿太郎さんの画像は、講演には出ませんので探さないでね☆

●明治政府「江戸幕府の負の遺産を、嫌でも相続しなきゃならない現実…」

●岩倉使節団「え!?外交使節が、外国で交渉を行うには、国家元首からの全権委任状が必要なんですか!?」

●西郷隆盛さん「おいどんは『朝鮮を攻める前に、まず自分が交渉に行ってくる』って言ったのに、何で『朝鮮を今すぐ攻めようとした悪者』にされてるんでごわす?」
征韓論「てか、1870年代の朝鮮って、まだ韓国って名前じゃないんですが…」

●日本「だぁかぁらぁ~。朝鮮が清の属国から独立国になれたのは、我々のおかげだろ、って毎回言ってるやろぉがぁ~。」

●台湾「チャイナが太平洋に気軽に出ることができないのは、我々のおかげなんですよ。」
尖閣諸島「チャイナがなぜ、我々のことでケチをつけてくるのか。それは資源の問題だけじゃないんですよ。」
沖縄「ところで、在日米軍基地によるサンゴ礁破壊には抗議して、チャイナのサンゴ密漁とかには大して声をあげてくれない『市民』や『マスコミ』は、本当に沖縄の味方なんですか?」

●北方領土「南の島々のことも大事だけど、北の島々のことも思い出してください。あと、蛍の光、4番まで歌いましょうや。」

●ニコライ皇太子様「大津事件の後、たった2日で私の病室に駆けつけて謝罪をするなんて…。日本の天皇ってスゲー!」

●児島惟謙さん「国際問題になりそうな凶犯罪でも、法律に規定がないのに死刑にしてはならん。司法権の独立を守るには、感情論や世論だけで無罪・死刑を決めてはならぬのだ。」

●ロシア「不平等条約、えいえい♪…怒った?」
日本「(くっ…他の国とも結んじゃってるしな…)怒ってないよ♪」
ロシア「三国干渉、えいえい♪…怒った?」
日本「(くっ…露仏独に対応する力は無い…)怒ってないよ♪」
ロシア「じゃあ、シベリア鉄道を満洲や遼東半島にも延長するね~♪」
日本「さては侵略だな、オメー(武器装備)」

●イギリス「ノルマントン号の件ではいろいろあったけど、敵の敵は味方っていうしね。ロシアの勝手は許さない同盟を組みましょうよ☆」
日本「私利私欲にまみれた国しかいねぇー!」
トルコ「私達は、エルトゥールル号の時に築いた友情を忘れてないぞ♪」
日本「わお、実家のような安心感。」

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

クラチー、やらかすの巻

プロジェクトイーブイ
※ポケモンの画像が載っていますが、コレは間違いなく、H29・11/25(土)に行われた、黒田裕樹先生の歴史講座「日本外交史 その四(東京講演)」の感想文です。
(*゜ω゜*)

●大錦卯一郎さん「最近、相撲の嫌なニュースばかり放送されてて悲しい…。『何を使って殴ったか』なんてどうでもいいじゃん。深く追及すべき部分は他にあるでしょ?」
(´・ω・`)

黒田先生「今日はカメラの当番を頼むわ。」
私「ラジャー!」
カメラ「すまんな。第一章、録画できてないで。講演、もう一回、始めからやってな☆」
私「あああああああああ!」
黒田先生…本当に申し訳ありませんでした。
(;皿;)
天草四郎ペリー
●ヤン=ヨーステンさん「私の日本名、どっちかって言うと中国名っぽくない?」
(´・ω・`)

●キリシタン狩り
江戸幕府「この中にキリシタンは居るか!?」
ABC「「しーん…」」
江戸幕府「キリシタンっていうのは、イエス・キリストを神として崇めていて…」
A「待って。イエス様は神の子であって、人間。」
B「いやいや、神とイエスと精霊の『三位一体』だから。」
C「は?マリア様が崇拝対象だろ?」
江戸幕府「全員、連れていけ!」

●日本「何度も言うけど、いわゆる『鎖国』が200年以上続けられたのは、戦国時代の兵や武器がまだ残っていたため、当時の日本が世界有数の軍事国家だったからだぞ?強い武器を持つ国と戦ったら、仮に勝者側になれたとしても、大きな損失が出るだろ?それを補い直すのには時間も金もかかるだろ?つまりは…そういうことだ。」

●李氏朝鮮「日本との貿易を再開した理由?相手が豊臣秀吉じゃねぇからだよ。」
豊臣秀吉さん「日本をキリスト教から守るためには、仕方なかったんじゃ…」

●徳川家康さん「貿易は儲かるし、情報収集も大事だからな。きちんと制度を作って、行わねば!」
徳川吉宗さん「蘭学の知識って大事!新しい産業にも着目せねば!」
松平定信さん「田沼が好んだ蘭学なんて禁止禁止!…え!?ロシアから通商の申し出!?鎖国中だから無視無視!」
阿部正弘さん「鎖国は祖法だから、変える訳にはいかんのだ!」
家康さん&吉宗さん「「ちょっと待てや。(この会話ネタ、何回目だろう…)」」
井伊直弼さん「オマエらのそういう、頭悪い政治のせいで、オレがツケを払うハメになったんだぞ、オイ。」

●HOW TO MAKE JAPANESE FUTURE
日本「まずは大飢饉や天災の原因を作った、田沼意次を失脚させて…」
ちくしょう!台無しにしやがった!日本人はいつもそうだ!
現代の日本は、オマエの人生そのものだ!日本人はいつも失敗ばかりだ!
オマエ達は「日本を変える」と豪語しているが、少しも歴史から失敗を学ぼうとしない!
誰もオマエを愛さない!

誰でもお金持ちになれる方法☆
①銀貨であるメキシコドルを4枚用意します。
②日本で金の小判に両替します。
③その小判を、海外で再びメキシコドルに両替します。
④4枚だった銀貨が、12枚になります。
日本「おいちょっと待てや。」

●オマエらアメリカのこと情け容赦ない国だって言ってるけど、トランプ大統領は北朝鮮の拉致問題に関心を持ってくれているし、アメリカ東インド艦隊司令官だったビッドルさんは平和的な交渉で開国を求めてきていたし、ペリーさんが強引な外交したのはビッドルさんの時に日本が丁寧な対応で開国しなかったせいだし、ハリスさんは日本の牛乳は褒めていたし、フランクリン・ルーズベルトさんは共産主義のスパイ達に踊らされていた部分もあるし、トルーマンさんは原爆を投下しやがった。
(7月25日の日記に「女性や子どもを目標としないように」と記していた…っていう擁護の文章あるけど、「一般的な爆弾」ではなく「原爆」の使用許可を出した時点でお察し)

●征夷大将軍「征夷大将軍っていうのは、外からの敵を倒す役職であって、外国に醜く媚びるのが仕事じゃねぇっての!」
(▼皿▼#)


私「先生~。次回の、日本外交史・その五は、伊藤博文さんをやるんですかぁ?(宣伝ポスターを見ながら)」
黒田先生「それ、伊藤博文じゃなくて●●●●やで。」
私「!?」


※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

秀吉「日本が危ない…。そうだ!海外に出兵しよう!」

戦国武将パーティ3
コレはH29・9/17(日)に行われた、黒田裕樹先生の歴史講座「日本外交史 その参(東京講演)」の感想文です。
(*゜ω゜*)

●ジャン・ベルナール・レオン・フーコーさん「振り子を使えば、地球が自転していることを証明できるぞ☆」
(^∀^*)

ミサイルが来たり、地震が来たり、ミサイルが来たり、台風が来たり…と、いろいろ大変な今日この頃。
一日遅くなりましたが、ネタバレギリギリな謎感想文が今回も始まります。

●南北朝時代の話を再確認して思ったことなんだけどさ、「天皇陛下が二人いる時代」って、今でも起こりそうですよね。
一番イメージしやすいのが「女性天皇を認めるか認めないか問題」によるもの。
万世一系で愛子様を選ぶか、男子である悠仁様を選ぶか…。
皇族の将来を考えるとき、このことを決めるために、大きな争い事が起こらないとは言い切れない。
自分達の将来をも左右する、この皇位継承問題を、我々はもっと真剣に考えなければいけないと思うんですよ。

●肖像被害者の会
足利尊氏さん「オレの肖像画と言われていた、禿髭の絵。本当はオレじゃないんだって。」
源頼朝さん「あっ、それ、オレもオレも。」
西郷隆盛さん「おいどんの顔は完全に模造でごわす。」
平安時代の人々「本人そっくりの絵を描くと呪いがかかるから、美人もブスも、全員同じ顔でぇ~すwww描き分けがいらなくて、楽www」

●チャイナ「私が『国王』に任命したってことは、宗主国である私に、支配下の国であるオマエは朝貢しろ…ってことだよ?わかっとるね?」
聖徳太子さん「なんちゅうことしてくれてんねん、義満…」

●え!?金閣寺の「寝殿造り・武家造り・禅宗様」の順番には、皇室も武家政権も超えた存在になった…という、足利義満さんの野望が込められていたんですか!?
そんな…凄いショックです。
いくら母親が皇室の血を引いている身だからって、やって良いことと悪いことがありますよ!
でも、野望達成する前に病に倒れて急死しちゃって、今はただの京都の有名な観光名所になっちゃっているからOKです♪
(*´⊿`*)d

●足利義満さん「金閣寺にある鳳凰?あれ、ワシじゃよ☆」
???「このハゲェー!違うだろ、違うだろぉー!オマエはただの、醜い売国奴じゃー!」

●「倭寇」に対する、頭が良い人と悪い人の物の見方の違い。
頭良い人「海賊…南北朝時代の頃は日本人多数…16世紀の頃は中国人多数…豊臣秀吉の海賊取締令によって鎮圧…」
(´-`).。oO
頭悪い人「と ん か つ」
(。з゜)

●豊臣秀吉さん…私は信じていたぞ。
「朝鮮出兵」には、ちゃんと意味があったのだって…。
アレはただの殺戮ではない…。
「日本を外国の支配から守るために、やらざるを得なかった苦渋の決断」だったのですね…。
当時の長崎をイエズス会から奪い返すために…仏教の寺や神社を守るために…奴隷として強制連行されている国民を助けるために…。
貴方はただ一人、必死になっていたのですね…。
しかし、必死になるあまり、それが空回りし、「本来の目的」を果たすことに失敗してしまった…。
…でも、安心してください。
危機的な状況には会ってますが、今のところ日本は、一つの独立国として、必死に頑張ってます。

やっぱり、自国の偉人を「頭がおかしくなったから侵略行為を行った」っていう見方だけで評価を終わらせている歴史学者()ってクズだわ。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

元寇「え?侵略を襲来に格下げするんですか?ざけんな!」

7/16(日)の夜、Windowsが突然「更新プログラムを構成するで~♪」ってなった結果、1時間30分以上経っても更新終わらない&更新終わったら、プログラム変更の関係でインターネットが開けなくなった&次の日仕事…という状況に陥ってました。
そのため、黒田裕樹先生の歴史講座「日本外交史 その弐(東京講演)」の感想文が遅くなることに…しくしく。
(;Δ;)

●木戸 幸一さん「実は1419年の今日(応永26年/世宗元年では6月26日) は、応永の外寇という、李氏朝鮮が対馬に来襲した日だよ。…本当、対馬っていっつも朝鮮に襲われてんな?散々酷い目に合わされているのに、どれだけ警備が手薄なんだよ?」
(▼皿▼#)
※ちなみにこの人は昭和天皇の側近の一人として東條英機さんを首相に推薦した方ですよ。

☆大阪講演がまだなので、簡単感想文☆
聖徳太子が「厩戸王」に改名されかけ事件はテレビとかでも散々やっていたから知っていたけど、「元寇→モンゴル襲来」の改名事件は知らなかったですね。
…あのさ、コレ考えた文部科学省のお偉いさんよ。
あなた方(教師出身の調査官と調査官出身の視学官の2名しかいないけど)さ、元って国がどれだけヤバイ国なのか知ってる?
元は中央アジア・ヨーロッパ方面まで「自国の領土」にしていた、歴史至上2番目に巨大な国だったんよ?
(ちなみに第1位は、植民地を作りまくった時期のイギリス)
そんな国を、「イナゴの襲来」と同レベルの言葉に格下げしちゃっていいの?
「元の軍隊=イナゴ」とか言っちゃったら、絶対にフビライ・ハンさんの呪いにかかるよ?
元に負けて侵略されてしまった国の人々からもヒンシュクかうよ?
私、知らないからね。

●朝鮮半島は、国や民族がしょっちゅう入れ替わっていた土地なのに、「自分達が今を生き残るためには、危険な状況になるのをわかっていつつも、二枚舌外交でピンチを切り抜けていくしかない」っていう思想だけは「共通の文化」として残っているんだよね。
…たまに勘違いされるけど、私は別に韓国人が嫌いな訳じゃないよ。
韓流ブームの火付け役になったペ・ヨンジュンさんのことは今でも「笑顔の素敵な良い人」だと思っているし、朝鮮人日本兵の洪思翊さんは「国を守るために戦った英雄」だと尊敬してますよ。
同じように、よく「当時の白人の方が~」って悪事の例を出したりするけど、アレも「大なり小なり、どの国も何かしら悪い事をしたのだから、お互い様でしょ」って意味ですからね。
本当にイギリス大嫌いだったら、「誕生日が同じ」って理由だけで、ヴィクトリア女王様を極端にリスペクトしたりしません。
私が嫌いなのは「嘘をでっち上げてまで不必要に日本批判をする人物」であって、人種とか性別とか思想とかは関係ないです。

●百済将軍・鬼室福信さん「何で新羅、チャイナの属国アピールのためだからって、自国の文化を完全に捨ててしまうん?」
(´・ω・`)
それまでの朝鮮は日本と同じ「苗字の漢字2文字」でしたが、現代のような「苗字の漢字1文字」なのは、実はこの頃から。
…いくら国を守るための策だったからといって、その「呪いの文化」が現代まで続いてしまっているというのを考えると、固有の文化を破壊してしまうことの恐ろしさを強く感じますね。
日本の文化をそうさせないためにも、国民はいろいろと考えて行動しなきゃですね。

●重要単語「刀伊の入寇」
1019年に「金」を建国した満洲民族・女真族の一派とみられる集団を主体にした海賊が、壱岐・対馬を襲って、更に筑前に侵攻した事件。
…この事件の胸くそポイントは、実は「女真族」ではない。
日本の領土を守るために必死に戦った藤原隆家さんに対する、朝廷の発言・態度である。
それは「和歌を詠んでさえいれば、そこに潜む精霊の力によって、世の中は自分達の思い通りに動かせる」という考えから、「戦いなんて、余計なことするな!キサマに恩賞なんかやらん!」というもの。
…うっわぁぁぁ…なんか見たことあるわぁ、この流れえぇ。
「平和を祈っていれば、日本は安泰」…って…。
「憲法9条があれば、日本は平和」…って…。

そんなことして世界が平和になるのなら、戦争はおろか、兄弟喧嘩すら起こらないっちゅうの!

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

訪問者
管理人
最近の暴走
コメント
感想・追加雑学、いろいろありがとうございます!
トラックバック
過去の暴走
ジャンル別
ランキング
よかったらポチリと。  人気ブログランキングへ
記事検索
異次元な記事へワープ
リンク
当ブログはリンク自由です。
ブロとも申請
歴史ブログじゃなくてもOK

この人とブロともになる

RSSリンク
QRコード
QRコード