FC2ブログ

「文化」に罪はない


明治天皇陛下が朗々と歌っておられるお姿。
本当は最初、ビジュアル系とかロックスター風にしようと思っていたんですが、尊皇攘夷がどうこう…とかってツッコミをされそうな気がしたんでやめました。

●イヴァン四世さん「じゃあ、公開処刑も文化です☆」
サン・ジュスト君「それが文化なら、エロ詩だって文化です♪」
(*^。^*)(○´∀`○)

歴史好きな自分にとって、施設の利用者様などから、戦時中関連の話とかが出るとテンション上がりますね。
空襲後の生活とか、満州やシベリアに行っていたときの話とか…すっごい貴重です。

また、出兵中に歌っていた歌とかが出てくるのも楽しみですね。
「アリラン」とか「ラバウル小唄」とかね。
こういうのがあったときは、歌詞をネットで調べて、一緒に歌ったりもしてますよ♪
自分が音痴だから、利用者様に迷惑かかっているかもしれませんけど☆

…はーい、皆さん。ご注目~。
突然ですが、ここからいきなり本題入りま~す。
今、自分がさらりと話題に出したとき、「アリランって、反日の曲だろ?」とか思った方、正直に挙手しましょう~。
はい、職員室だよ、皆さん集合~!

…自分、いつも思うんですよね。
何で人間は「強引なこじつけ」とか「悪い視点からの解釈」とかしかできないのかなぁ、と。

厳密に言えば、本来のアリランは「男に捨てられた哀れな女性」の歌なんですよね。
それが次第に、曲の別バージョンとかができていったんですよ。
その過程で、デマや尾ひれがついて、訳のわからぬ設定がついてしまった、と。

要するに、曲が悪いんじゃないんですよ。
曲を「利用」する人間に問題があるんですよ。

今話題の「はだしのゲン」だってそうでしょ?
何で今さらになって「子供には制限しようぜ」とか言ってるの?
自分が小・中学生の頃は、アニメだって見ましたよ?
でも、それが原因で性格や様子がおかしくなった、なんて皆無ですよ?
何で「戦争が起こると、こういう不気味で怖いことになるよ」って教えちゃいけないの?

戦争や紛争があるたびに、そこにあった大切な守るべき文化も、問答無用で塵と化してしまいます。
「文化」とは、他人を攻撃したり、否定して壊したりするものではありません。
「誇りあるもの」として、温かく大切に磨き、未来永劫保管していくべきものなんですよ。

なぜ、人間はそんな簡単なことがわからないのだろうか。
世の中には、「一つの考え」だけに統一したがる輩が多過ぎる。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
・管理人の歴史サイト
※よかったらポチリと。
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへ

スポンサーサイト



テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

訪問者
管理人
最近の暴走
コメント
感想・追加雑学、いろいろありがとうございます!
トラックバック
過去の暴走
ジャンル別
ランキング
よかったらポチリと。  人気ブログランキングへ
記事検索
異次元な記事へワープ
リンク
当ブログはリンク自由です。
ブロとも申請
歴史ブログじゃなくてもOK

この人とブロともになる

RSSリンク
QRコード
QRコード