FC2ブログ

厳重な原住民・3

先住民族3
ちょっと訳あって描きたくなった、いろんな原住民(先住民)シリーズ。
第三回目は「インディアン」です。
この子はオリキャラなので、命名しなきゃですね。
ヤヒ族インディアンの最後の一人・イシさんと、第31代アメリカ合衆国副大統領になったチャールズ・カーティスさんから貰って「イシ・カーティス」にしてみます。
また「最後の一人」とか出てきたよ、全くもう。
…本当はポカホンタスさんの絵を描いてみたかったのですが、「頭に羽わさわさ」のインディアンを描きたかったため、男のオリキャラになりました。

●シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールさん「ジャコバン派による恐怖政治が始まったから、急いでアメリカ合衆国に亡命しなきゃ…!」
(゜皿゜;)

スペインの不正行為と残虐行為を告発したバルトロメ・デ・ラス・カサスさんは「インディオ(ラテンアメリカの先住民)の保護者」って言われているけど、「奴隷にするなら黒人を使おう」というグレーな考えがあったから、真の正義の英雄ではないと思う。
でも、彼のように「他民族に対する思いやり」や「自分達の行いや考えのおかしさ」を主張している白人様がスッゲェ少ない時点で、十分な評価はされるべきと思うのよね。


北米インディアン・オグララ・スー族の部族員である、レッド・クラウドさんの「白人はいろいろ約束をし、すべて破った。ひとつだけ守ったことがあるが、それは我々の土地を盗むと約束して、その通り盗んだことだ。」って発言を見ると、本当、偉大なる白人様って清々しい程の悪だと思うんですよね。
こういうことやってきたくせに、誇張されまくったナチスのユダヤ人迫害の批判とか、日本人兵士はアジアの支配者だ性奴隷所持者だ…とか言っているんだから、本当、呆れてものも言えないわ…。

ちなみに、インディアンの血を引く有名人として、ジョニー・デップさん、アンジェリーナ・ジョリーさん、キャメロン・ディアスさん、スティーヴン・タイラーさん等がいます。
おそらく彼らは「原住民(先住民)の血が入ってる」ってことで、差別やら嫌がらせやらをされたことがあるだろうし、今現在もされていると思います。
人間、誰かを陥れるためなら、どんなことでも批判の材料にしますからね。
どこかの国の政治家みたいに、他政党の評価を下げるための批判が、自分の政党の評価を下げて他政党の好感度を上げちゃう…って場合もありますけどね。

…何度も書いているような気がしますが、「米人」や「濠人」というのは「宗教の考えの違いから、他国へ移っていった英人」に加えて「いろんな事情があって亡命してきた人々」の子孫。
つまり、米と濠は「他国からやっていた移民でできた国」なんですよね。
「力の強い移民が国に入ってきたらどうなるか」
原住民・先住民の歴史について学ぶということは、国を乗っ取られた人々の歴史を学ぶということなんですよね。

※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
管理人
最近の暴走
コメント
感想・追加雑学、いろいろありがとうございます!
トラックバック
過去の暴走
ジャンル別
ランキング
よかったらポチリと。  人気ブログランキングへ
記事検索
異次元な記事へワープ
リンク
当ブログはリンク自由です。
ブロとも申請
歴史ブログじゃなくてもOK

この人とブロともになる

RSSリンク
QRコード
QRコード