台風は選挙と共に去りぬ

ペリー
黒船のペリーさんって、日本では超有名だけど、アメリカ本土ではそうでもないんだよね…。
(´・ω・`)
余談ですが、今回の話題にペリーさんは関係ありません。

●武市瑞山さん「実はオレ、坂本龍馬の遠縁にあたるんだよなぁ。」
(▼皿▼)

日曜日に選挙があり、見事に自民党が大勝致しましたね。
やったね、安倍ちゃん!ブラックサンダーのおかげだよ☆
あ、サンダーが好きだから黄色のインスティンクトチームだね♡←

…っていうかさ、今回の選挙は自民党・公明党が強いのは当然なんだよね。
●小池さんの「都知事」「希望の党・代表」という二足の草鞋がイメージ悪過ぎ。
●野党の皆さんの「勝てる党に乗り換える戦法」が完全に裏目。
●都知事選挙の時に「コレで自民を倒せる」と味を占めたのか、マスコミの「もりかけ問題の蒸し返し報道」(なお、大半の国民を騙せず)

選挙が終わった後に「小池さんの排除発言が党のイメージを悪くした」とか「我々の党の理念を、国民に理解してもらえなかった」とか散々言い訳してるけど、そりゃ~そうでしょ。
だってオマエら、口を開けば「独裁を続ける安倍政権を倒す」とか「自衛隊・憲法改正、反対」とか「●党のままではイメージ悪いから別党に移るor無所属になる」とかしか言わないじゃん。
「自分の党のアピール」よりも「自民・安倍総理の悪口」を優先している時点で、我が党の考えがうんぬんって関係なくね?

あれだけ散々、マスコミとグルになって「自民党の選挙妨害・ネガティブキャンペーン」をやりまくったくせに、自民党の人気が下がらないとわかった瞬間「安倍が選挙妨害のために台風を呼んだんだ」とか「1票の格差問題のせいで勝ったんだ」とか…。
小学生の子供ですら、もう少しまともな言い訳するわ。
本当に「自民党を倒して、今の日本をより良くしたい」って思っているのなら、もっと他に努力するべきことや、国会で真剣に話し合わなければならないことがあるでしょ?

政治家は「他人の悪口をテレビや街中で言う」のが仕事じゃない。
「国の未来を良くするための行動をする」のが政治家だ。


※携帯・スマホ版から見ている人へ
・イラスト置き場pixiv
人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログへブログランキング人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
管理人
最近の暴走
コメント
感想・追加雑学、いろいろありがとうございます!
トラックバック
過去の暴走
ジャンル別
ランキング
よかったらポチリと。  人気ブログランキングへ
記事検索
異次元な記事へワープ
リンク
当ブログはリンク自由です。
ブロとも申請
歴史ブログじゃなくてもOK

この人とブロともになる

RSSリンク
QRコード
QRコード